ライター育成講座(応用編)に参加しました!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

先日、キャリア支援の一環として、ライター育成講座に参加してきました!

今回の育成講座は応用編となっており、前回よりパワーアップした内容になっておりました!

前回の勉強会のおさらい

●ライティングの目的

『伝えたい情報をより魅力的に伝えること』

「誰に、どんな情報届け、どのような行動に向かわせたいのか」を明確にすることが大事です。

●ライティングの手順

いきなり書き始めるのではなく、まずは伝えたいことを箇条書きに書き、「構成案」を作成します。

詳しくは前回の育成講座についての記事に書いてます。

https://itoop-blog.yuima-ru-tokyo.com/20210810-article/

応用編!ライターとしてさらに成長するために!

①クオリティチェックについて

クオリティチェックとは、「記事の質を上げる」役割のことを言います。

てにをは、表記ゆれ、指示語、句読点etc、記事の細かい部分まで丁寧に確認して修正していく重要な仕事です。

講座のなかでは、実際の記事原稿を講師の方がリアルタイムで修正したり、初稿と完成記事を比較から修正理由を確認することで、言葉遣いや文章の順番など細かな箇所まで学ぶことができました。

②SEOについて

SEOとは、「検索エンジンの最適化」のことを指します。

たとえば、自社の会社名の検索結果で、トップに自社HPを表示させるような施策のことです。

→SEOについては、こちらの記事で詳しく書いています。

https://itoop-blog.yuima-ru-tokyo.com/20210818-article/

講座の中では、SEOの基礎知識から、検索結果をあげるためのタイトルの作り方などについて学びました!

おわりに

今回もたくさんの学びを得ることができました!

私も記事作成を重ねるにつれて、表現の種類が増えたり、作成スピードがアップしており、とにかくたくさんの記事を書くことが一番の近道だと感じています。

今後も定期的に記事を更新していきますので、引き続き、当ブログをよろしくおねがいします!

それでは皆様良い一日を!

ライター育成講座に参加しました!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

先日、キャリア支援の一環としてライター育成講座に参加してきたので、学んだことのアウトプットを兼ねて、今回は書いてみます

ライティング初心者向けの講座でしたので、これからライターを目指す方だけでなく、文章を書くためのコツを知りたい方もぜひ読んでみてください。

ライティングの目的

ライティングの目的とは、「伝えたい情報をより魅力的に伝えること」です。

どんな情報を伝えようとしているのか?

伝えようとしている相手の年齢、職業、属性などのターゲットはどこなのか?

読者のどんな行動、感情に繋げるのか?

まずは、「誰に、どんな情報を届け、どのような行動に向かわせたいのか」を明確にすることが大事です!

基礎的なライティング方法

情報、ターゲットが決まったら、構成案を作成します。

いきなり文章を書きはじめると思ったら、きちんと事前準備が必要なんですね。

構成案は、まず見出しを書き、

それぞれに箇条書きで内容を書きます!

全体の構成が確定した後、肉付けしながら執筆し、完了後に誤字脱字、漢字、ひらがなをチェックします!

ポイントは、「声をだして読むこと」。

実際に自分でもやってみましたが、黙読だと意外と気付けないものです。

更に発展するために

より良い記事を作成するには、日々の勉強が必要です!

読みやすいと思った記事などをベンチマークにして、どんな風に書いているのか分析するのもひとつの手法だと聞きました。

また、SEO対策の観点から必要な単語を入れたりすると、さらに読まれる記事になるそうです。SEO対策については、別の記事でご紹介しようと思います。

おわりに

いかがでしたか?

今回の記事は、ライター育成講座で学んだことを活かして作成しました。

私自身ライターの仕事は、どんな業界、職種でも活躍できる仕事なのでとてもやりがいを感じています。

これからも研鑽を続けて、より多くの方々に見てもらえる記事を沢山発信していきます!

それでは皆様良い一日を!

【初心者必見!】左右寄せ!レスポンシブ対応を見据えた構成!

こんにちは!

Itoop(アイティープ)の技術担当、佐藤です!

だんだん夏らしくなり、スーパーではスイカや夏野菜が目に入るようになってきましたね!

暑くなってきたからこそ、旬のものでエネルギーを補給したいです!

ところで、今回はWEBページ改修依頼の対応中にコンテンツの左寄せがうまくいかない事象を解決したので、理解の整理もかねて紹介させてもらいます!

初めて対応した、コンテンツの左寄せ!

今回は、WEBページの要素について左寄せというのを対応しました。

調べたところ、真っ先に目についたのが「float(フロート)」!

「float」は左右に要素を寄せるときに使う設定で、left、rightと指定することで左右に寄せることができます。

floatを利用することで左寄せが完了しました!

しかし、このあと対応を続けていくなかで想定外の問題が発生しました。。

問題発生!要素が重なってしまう!

左寄せは「float:left」で実現しました!

しかし、レスポンシブ対応といって、画面の幅が違うデバイスに対応させようとしたとき、不思議な挙動をするようになりました。

対象の画像と別の画像が重なって見えるようになってしまったのです!

別の画像は重ならずに左右に分かれたままだったり、左右に合った要素の段が変わったりしていたので、素直に「なんでこんなことに?」と驚きました!

悩んでも分からない僕は、先輩に相談しました!

どうやら左寄せを実現するために利用した「float」の仕様が問題でした!

『display:inline-block』で解決!

先輩の言葉をもとに調べたところ、左寄せを実現するために複数のやり方を発見しました!

例を挙げると、「float」「inline」「inline-block」・・・

それぞれ役割が違いました!

原因としては、今回利用した「float」の仕様でした。ほかの要素に「float」の設定がないと干渉しないという動きをします。

ほかの要素との間隔を直接数値で指定していたのもあって、画面の幅が変わると画像と画像が重なるような動きになっていました!

今回の対応に限れば「display:inline-block」という設定を「float:left」の代わりに利用するのが最適でした!

ほかの画像と重なることもなく、そのあとに加えた設定とも競合しませんでした!

参考:https://saruwakakun.com/html-css/basic/display

おわりに

今回、自分の能力を超えた挑戦だったので、先輩に助けていただいて本当にありがたかったです!

「左寄せ」ひとつにしても、複数の対応方法があり、自分の考えに固執していたことに気づけました!

人に聞くことで、視点を増やせることと、CSSの操作の理解が深まりました!

この記事が自分のような駆け出しのエンジニアの力や、問題解決のきっかけになったらとても嬉しいです!

今日も良い一日をお過ごしください。

勉強会を開催しました! ~WEBデザインとユーザー視点を学ぶ~

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

暑い日が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

東京港区では、最高気温が30℃を超える日が続いております。

体調に気を付けながら、今日も頑張りましょう!

さて、先日、若手社員向けの勉強会を開催しました!

広報担当の私も同席することができたので、その様子をお伝えします。

テーマは『WEBデザイン』  ディスカッション形式でユーザ―視点を体感する!

若手社員と中堅社員の10人ほどで開催された今回の勉強会。

今回のテーマは、『WEBデザイン』でした。

若手社員が今後ロールモデルにしたいHPをプレゼンし、デザインや操作性について、全員で意見を交わしました。

勉強会は、終始和やかな雰囲気で進み、年齢や立場関係なく発言できる雰囲気でした。

今回の勉強会を考案した社員に話を聞いたところ、HPを客観的にみることで「ユーザー視点」を身に付けることが狙いで、HP作成において重要な観点を身に付けさせたい、という背景があったそうです。

広報担当の学び

勉強会に参加して、HPのデザインには「ユーザー視点」が大事であることを学びました。

どれだけおしゃれなHPを作ったとしても、どれだけ高度な技術を用いても、ユーザーが扱えなければ伝えたいものも伝わらない。

HPに限らず、文章作成や営業活動など、どんな仕事においても同じことが言えるかもしれません。

おわりに

今回は、Itoopの社内勉強会の様子をご紹介しました!

「ユーザー視点をもつこと」が、どの仕事にも通じる学びが満載でした。

Itoopでは、これからも勉強会を開催して社員のスキルアップに努めます。

次の開催をお楽しみに。

それでは、次の記事でお会いましょう。