ライター育成講座(応用編)に参加しました!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

先日、キャリア支援の一環として、ライター育成講座に参加してきました!

今回の育成講座は応用編となっており、前回よりパワーアップした内容になっておりました!

前回の勉強会のおさらい

●ライティングの目的

『伝えたい情報をより魅力的に伝えること』

「誰に、どんな情報届け、どのような行動に向かわせたいのか」を明確にすることが大事です。

●ライティングの手順

いきなり書き始めるのではなく、まずは伝えたいことを箇条書きに書き、「構成案」を作成します。

詳しくは前回の育成講座についての記事に書いてます。

https://itoop-blog.yuima-ru-tokyo.com/20210810-article/

応用編!ライターとしてさらに成長するために!

①クオリティチェックについて

クオリティチェックとは、「記事の質を上げる」役割のことを言います。

てにをは、表記ゆれ、指示語、句読点etc、記事の細かい部分まで丁寧に確認して修正していく重要な仕事です。

講座のなかでは、実際の記事原稿を講師の方がリアルタイムで修正したり、初稿と完成記事を比較から修正理由を確認することで、言葉遣いや文章の順番など細かな箇所まで学ぶことができました。

②SEOについて

SEOとは、「検索エンジンの最適化」のことを指します。

たとえば、自社の会社名の検索結果で、トップに自社HPを表示させるような施策のことです。

→SEOについては、こちらの記事で詳しく書いています。

https://itoop-blog.yuima-ru-tokyo.com/20210818-article/

講座の中では、SEOの基礎知識から、検索結果をあげるためのタイトルの作り方などについて学びました!

おわりに

今回もたくさんの学びを得ることができました!

私も記事作成を重ねるにつれて、表現の種類が増えたり、作成スピードがアップしており、とにかくたくさんの記事を書くことが一番の近道だと感じています。

今後も定期的に記事を更新していきますので、引き続き、当ブログをよろしくおねがいします!

それでは皆様良い一日を!

ライター育成講座に参加しました!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

先日、キャリア支援の一環としてライター育成講座に参加してきたので、学んだことのアウトプットを兼ねて、今回は書いてみます

ライティング初心者向けの講座でしたので、これからライターを目指す方だけでなく、文章を書くためのコツを知りたい方もぜひ読んでみてください。

ライティングの目的

ライティングの目的とは、「伝えたい情報をより魅力的に伝えること」です。

どんな情報を伝えようとしているのか?

伝えようとしている相手の年齢、職業、属性などのターゲットはどこなのか?

読者のどんな行動、感情に繋げるのか?

まずは、「誰に、どんな情報を届け、どのような行動に向かわせたいのか」を明確にすることが大事です!

基礎的なライティング方法

情報、ターゲットが決まったら、構成案を作成します。

いきなり文章を書きはじめると思ったら、きちんと事前準備が必要なんですね。

構成案は、まず見出しを書き、

それぞれに箇条書きで内容を書きます!

全体の構成が確定した後、肉付けしながら執筆し、完了後に誤字脱字、漢字、ひらがなをチェックします!

ポイントは、「声をだして読むこと」。

実際に自分でもやってみましたが、黙読だと意外と気付けないものです。

更に発展するために

より良い記事を作成するには、日々の勉強が必要です!

読みやすいと思った記事などをベンチマークにして、どんな風に書いているのか分析するのもひとつの手法だと聞きました。

また、SEO対策の観点から必要な単語を入れたりすると、さらに読まれる記事になるそうです。SEO対策については、別の記事でご紹介しようと思います。

おわりに

いかがでしたか?

今回の記事は、ライター育成講座で学んだことを活かして作成しました。

私自身ライターの仕事は、どんな業界、職種でも活躍できる仕事なのでとてもやりがいを感じています。

これからも研鑽を続けて、より多くの方々に見てもらえる記事を沢山発信していきます!

それでは皆様良い一日を!

【仕事内容紹介】広報担当ってどんな仕事するの?日々の活動をご紹介!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

みなさんは、広報担当って普段どんな仕事してるかって、なんとな~くイメージしにくくないでしょうか?

広報という名前自体は聞いたり見たりしたことはあるけれど、、、

私も当初はその程度でスタートしました笑

ですので、今回はItoopの広報担当の私から、普段どんな仕事をしているのかをみなさんに知っていただき、

少しでも広報の仕事のイメージを伝えていけたらなと思っています。

そして、それを通じてItoopの人柄も伝わったらうれしいです。

それでは一緒に見ていきましょう!

広報担当の役割について

広報の仕事は会社組織と社外との繋がりを作ることです!

と聞いてもなんだかわかりにくいなと思うかもしれません笑

より簡単に言うと、、、

会社の活動や社内の人などについての良い情報を、メディアなどを通して世間に届けていくことです!

そもそも世間に認知されなければ誰もその商品やサービスを買ったり利用することはないからです。

ジュース一本買う時ですら、知っているメーカーのジュースと、よく知らないメーカーのジュースが店頭に並んでいたときに、どちらを選ぶ人がより多くなるでしょうか?

この認知を高めていくことを専門として活動しているのが広報担当なのです。

広報活動では、会社以外の日頃の生活でもトレンドに敏感になることで、自社に活かせる情報を世の中から掴むことができます。

広報担当は、幅広い視野でトレンドを掴み、タイミング良く情報発信していくことが大切です。

イメージがなんとなく掴めてきたかと思いますので、次は具体的な仕事内容について見ていきましょう!

具体的な仕事内容の説明

①ブランディング

広報の仕事にはブランディングというものがあります。

「コーヒーと言ったら〇〇」や、「ハンバーガーといったら△△」のように、スターバックスなどの大手カフェチェーンや、ファストフードのマクドナルドをイメージするとわかりやすいかもしれません。

名前を聞いただけで、どんなサービスを提供していて、社会や業界の中でどのような役割を担っているかがパッとイメージできると思います。これがブランディングされているということです。

このブランドイメージが確立していることで集客、販促、会社の成長や、業界など周囲への影響力、社員の自社への愛着感など色々なことに波及していきます。

ちなみにItoopのブランディングの方向性は、

お客様に寄り添い、ITと、人との輪(loop)でお客様にさらに良いと感じるものを提供することです。

IT分野からお客様に最大限寄り添いながら課題解決をし、その中で多くの人々への貢献と笑顔を生み出すサービスを提供していき人と人との輪(loop)を築くことをサポートします。

Itoopとしてのブランディングを推進していくために、これからも情報発信を続けていきます!

②プレスリリース配信

プレスリリースとは社会に向けて会社としての活動内容を発信することです。

最近では誰でもネットから情報を得るのが当たり前の時代で、自社ブログやSNSなどを活用したりプレスリリースを配信するケースも増えてきました。

このような情報発信をして、第三者を通じて雑誌や新聞記事などのメディア掲載で認知を拡大していくことが広報担当の重要な仕事の一つです。

広告のようにコストさえ支払えば情報掲載することができるといったものとは、世間からの情報の信頼性の高さが異なります。

よく広報と広告の違いがわからないという方がいますが、違いはここにあります。

いろんなメディアを通して、会社で今どんな取り組みをしているのか、今後どういった方向性で社会にアプローチしていくのかなどをタイミングよく配信していくことが大切です。

まとめ

これまで広報としての役割やどんな仕事をしているかやその意味についてお伝えしましたが、広報の仕事のイメージは掴めたでしょうか?

企業活動において、広報の役割がどう重要なのか伝わったのであれば幸いです。

今後はItoopの広報として、ブログなどのメディアをどのように活用しているか、そのポイントを紹介してみようと思います。

それでは本日もよい一日をお過ごしください。