【セキュリティ対策】無償ウイルスソフトMicrosoft Defenderとは

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

皆様はMicrosoft Defender(マイクロソフト・ディフェンダー)をご存知でしょうか?

Windowsに搭載されているセキュリティ機能の1つです。

基本無料で、且つOSがWindowsなら誰でも利用できます。

今回はMicrosoft Defenderについてご紹介致します!

Microsoft Defenderとは

Microsoftが無償で提供しているセキュリティソフトです。Windows8から標準搭載されるようになりました。元々の名称はWindows Defender(ウィンドウズ・ディフェンダー)でしたが、2019年にMicrosoft Defenderに統一されました。

OSがWindowsなら必ずインストールされていますが、他のセキュリティソフトがインストールされると、自動的にストップします。その為、PC購入時から別のセキュリティソフトをインストールしているユーザーには馴染みが薄いかもしれません。

無償だから性能が他のセキュリティソフトより劣ると思われがちですが、多くのアップデートを重ねた結果、有償のセキュリティソフトにも劣らない性能を持っています。

Microsoft Defenderの性能とメリット

「ウイルスと脅威の防止」「アカウントの保護」「ファイアウォールとネットワーク保護」など基本的な機能が備わっています。

Microsoft Defenderは高いウイルスブロック率が強みです。

「AV-Comparatives」というセキュリティソフトをテストする機関が、2021年にテストした際にはマルウェアブロック率でアワードを受賞しました。また、ブロック率だけでなく、誤検知でも高い精度を誇ります。

最新のテスト結果はこちらを参照。「AV-Comparatives公式サイト

操作もシンプルで、Windowsユーザーなら利用する価値は大きいです。

Microsoft Defenderのデメリット

強いて言えばシンプルな作りをしている分、他のウイルスソフトと比較すると機能も最小限です。迷惑メールからの保護、パスワード保護機能などは備わっていません。また、有償のセキュリティソフトなら電話でのサポート体制、詳しい操作手順など手厚いサービスを受けることができます。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回はMicrosoft Defenderについてご紹介しました。

他のセキュリティソフトを購入しなくてもいい程、高性能なセキュリティソフトです。

マメにアップデートをするだけで、複雑な設定も不要です。Windowsユーザーは是非利用してみてください。

それでは良い一日をお過ごしください。

VRゴーグルの活用方法

はじめに

こんにちは。IToopの技術担当の橋本です。

みなさんは、VRゴーグルってご存知ですか?

最近では、VRゴーグルを使ったゲームやイベントが開催されるなど、目にしたことがある人や身近に感じ始めている人が増えているように感じます。

とはいえ、まだまだ馴染みがないという方も沢山いるのではないでしょうか。

今回は、VRゴーグルとは何か、どう活用していけるのか、これから知っていきたい方向けに紹介をしていきます!

VRとは?

そもそもVRとは何かについてお話をしていきます。

VRとは、「Virtua Reality 」の略で、「仮想現実」とも訳されております。作り上げられた仮想的な世界の中に入り込んだような、現実世界にいる感覚を得られる技術です。

VRを体験するためには様々な方法がありますが、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)と呼ばれる、いわゆるVRゴーグル型のデバイスが利用されることが多いです。VRゴーグルだけでも、数十社の製品が販売されています。

活用方法①スポーツ観戦

VRゴーグルの活用方法として、「スポーツ観戦」が挙げられます。オリンピックでの需要拡大や5Gが台頭してきたことにより、より注目が高まっています。

自宅にいながら特等席にて臨場感のある試合が楽しめること、複数人集まっても密を回避しながら楽しめることが最大限の魅力です。

アーティストのライブ観戦でも同様に楽しむことができます。

活用方法②旅行

旅行に行きづらいご時世ですが、VRゴーグルを活用することで、擬似的に旅行体験が可能です。遠方にいる友達やパートナーとも、一緒に同行しているように旅行ができたり、バーチャル上のキャラクターと旅行に行くような体験も可能です。

実際に、旅行会社や航空会社でも以前からVRを取り入れた旅行を実現しています。興味がある方は以下も参照してみてください。

・JTB:バーチャル修学旅行

https://www.jtbbwt.com/education/service/solution/jh/domestic/school-trip/virtual-trip/

・ANA:ANA VIRTUAL TRIP

https://www.anahd.co.jp/group/pr/201803/20180320.html

活用方法③実習や訓練

VRを用いて医療実習や防災訓練を実施することも可能です。

医療現場での研修医の手術のシミュレーションに用いたり、患者さんに視覚的に説明したりすることにも繋がり、より安全性が高まっています。

災害体験やその訓練にも用いることができ、研修センターに行かずとも安全面を考慮した体験が可能です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?VRゴーグルは、趣味だけにとどまらず、私たちの生活の安全にも役立っています。そう遠くない未来に、スマートフォンと同様に自宅でも楽しめる1コンテンツとして身近にあるのが当たり前の時代が来るかもしれませんね。みなさんの興味をもつきっかけになれば幸いです。

【必見!超キャリアUP】システム開発者必須!要件定義書とは

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

皆様はシステムの要件定義を書いたこと、または読んだことはありますか?

システム開発において必須になるのが「要件定義書」です。

今回は要件定義の書き方について書いていきます。

要件定義書とは

システム開発の最初にする作業で、やることとやらないことを明確にします。

お客様と「言った/言ってない」を避けるために、画面設計、DBなど細かい話はせず、「何を実現したいのか」、「どんなシステムなのか」など大まかに何を作ろうとしているのかを明確にします。

要件定義書の項目

要件定義書は大きく「業務要件」「機能要件」「非機能要件」の3つで構成されます。

「業務要件」はユーザー、管理者がどうやって使うのかなど「何の為のシステム」なのかを決めます。

「機能要件」はログイン機能があるのか、メニューバーがあるのかシステムの機能的な要件を決めます。

「非機能要件」は性能や、可用性、拡張性、セキュリティ対策、運用保守など機能以外の要件を決めます。

必要スキル

プログラミング、ハードウェアの技術よりもコミュニケーション能力が重要視されます。お客様と共通認識をすり合わせながら、課題解決を目指していきます。

お客様のITリテラシーによりますが、どうやって実現するか提案力もあればベターです。

システムへの理解度も重要で、どこがどう動くのか全体の動きを理解することも必要です。

お客様への提案も課題解決もシステム開発経験、知識が土台になってできることなので、豊富な現場経験が必須です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、簡単にですが要件定義について紹介しました。

システム開発において責任ある工程で、その分年収アップにも繋がります。

チャンスがあれば是非チャレンジしてみてください。

それでは良い一日をお過ごしください。

覚えると超便利!2022年以降のプログラミング言語!!

はじめに

こんにちは。Itoopの佐藤です。

日中は寒さも少しは和らいできましたが、まだまだ厳しい寒さが続きますね。寒さ対策を怠らずに過ごしていきましょう。

今回はおすすめのプログラミング言語について書いていきます。

おすすめのプログラミング言語

プログラミング言語といっても既にたくさん存在しているため、どの言語を学習すれば良いか迷うかと思います。

そんな数ある言語の中で特におすすめの言語が以下になります。

・Python

・Java

・Ruby

詳しくは次の章にて説明いたします。

おすすめの理由

・Python

AI・機械学習やWEBアプリの開発、IoT、データ分析などの最新技術で幅広く用いられている言語です。

海外でも人気があり、国内でも需要も増えていることから将来性のある言語と言えます。

・Java

環境に依存しない汎用性の高い言語で、様々なOSで動作させることが可能です。独学になると難易度は高めですが、書籍やプログラミングスクールもあるため、初心者でも学びやすく、求人も多いことから習得が仕事に繋がりやすい言語です。

・Ruby

日本人が開発したプログラミング言語で学習もしやすく、日本語での情報交換やサポートが受けやすい他、WEBアプリケーションフレームワーク・Ruby on Railsもエンジニアに人気がある言語で、フリーランスや副業での案件も多いと言われています。

おわりに

以前「【プログラマー必読!】著書「達人プログラマー 職人から名匠への道」を紹介」で紹介した本に「知識のポートフォリオを更新する」と記載がありました。

新しい技術を覚えていくことはエンジニアとしての価値を上げる意味でも重要だなと感じました。

新年も明けて既に1ヶ月が経ちましたが、新たにエンジニアとしての価値を高めるためにも学習してみてはいかがでしょうか。

皆様の新しい可能性のきっかけとなると幸いです。

【 ITx世代 】デジタルネイティブ世代って知っていますか!?

はじめに(序論)

こんにちは、Itoop(アイティープ)技術担当の佐藤です!

皆さま元気でお過ごしでしょうか?

体調を崩しやすい季節ですが、毎日良いパフォーマンスが発揮できるよう、万全の体調管理をしていきましょう!

僕も健康のために、朝昼晩しっかり食事をとることを心がけています。

では、本日の記事についてご紹介していきます。

皆さま「デジタルネイティブ世代」という言葉をご存知でしょうか?

今回は、このテーマについてお伝えしていきます。

デジタルネイティブ世代とは!?

1990年代から2000年代に生まれた世代のことを「デジタルネイティブ世代」と言います。彼らは物心ついた時からインターネット社会に接しており、ネットを通じて活動することが日常です。インターネットを通して繋がることに抵抗を持たず、多様性に寛容な一面をもちます。

さらに、このインターネット社会に生きる私たちを表現するために、以下のような呼び方もあります。

ミレニアル世代:1980年代から1995年頃に生まれ、2000年代に成人となった世代

Z世代:1990年代後半から2012年頃に生まれた世代

ミレニアル世代は、前世代よりもITリテラシーに優れ、最新の技術にも馴染みやすいと言われています。「モノ」より「コト」を重視する傾向にあり、シェアリングサービスにも抵抗はありません。

Z世代はミレニアル世代以上にデジタルに関して理解が深く、利便性の裏側にある危険性にも気づいています。そしてブランドよりも「モノの本質」に価値を見出す傾向にあります。

デジタルネイティブ世代特有の動きとは!?

テクノロジーの発展とともに、周りの環境も大きく変わります。こうした時代の流れに適応した、デジタルネイティブ世代特有の動きをご紹介します。

①購入する前にSNSで口コミをチェック

実際に購入した人の使用動画や、その商品に対するレビューを検索してから購入するか否かを決める。

②高い検索スキル

知りたい情報によってInstagram、Twitter、Googleなどのツールを使い分けます。どのツールが知りたい情報の取得に適しているか、無意識に判断できます。

③将来に対する価値観の変化

ミレニアル世代はバブルの影響を受け、収入の減少が見込まれたこともあり、安定を求めた保守的な価値観を持つ一面があります。その後に続くZ世代は、より現実的な視点を持ち合わせ、完璧であることや周囲と同じであることではなく、個性や多様性を重視したライフスタイルを求める傾向にあります。

デジタルネイティブ世代が持つ価値観

インターネット社会があたりまえのデジタルネイティブ世代は、多くの情報に触れる機会があります。それにより、既成概念にとらわれない考え方、価値観をもっていることが強みと言えます。

例えば、

・リベラルな思想をもつことから、男女平等の意識と多様性を受け入れる傾向がある。

・オフラインとオンラインのコミュニケーションに大きな差を感じていない。

・誰もが目指すスタイルではなく、ユニークであることを重視する。

などが挙げられます。

おわりに(クロージング)

いかがでしたでしょうか?デジタルネイティブ世代について少しでも知っていただけたなら幸いです。

このテーマについて調べていく中で、僕が普段あたりまえにやっていることでも、実はデジタル世代特有の行動だったというような瞬間が何度もあり、時代の変化は気づかないうちに生活の中に浸透していくんだなと感じました。

だからこそ、ただ同じ毎日を過ごすのではなく、日々少しの変化でも関心を持つようにしたいと思います。

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください。

【超基礎知識編】ドメイン名って何??

はじめに

こんにちは。IToopの技術担当の橋本です。

みなさんは、ドメイン名って聞いたことがありますか?

どこかで聞いたことがあるような気がしますが、説明を求められたら回答に困る人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな基礎知識、ドメイン名の話をしていきます。

ドメイン名についてほとんど知らないという方向けやおさらいをしたい方向けに概要を書きますので、そのような方の目に止まれば幸いです。

ドメイン名とは?

以前のブログにて、IPアドレスが何かについて紹介をしました。IPアドレスは、簡単にいうと「ネットワーク上の住所」のことです。但し、この住所は「192.168.1.1」といったように数字のみで構成されています。人間にとってただの数字の羅列は構造上覚えにくいという難点がありました。

そこで登場するのが、「ドメイン名」です。

ドメイン名は、人間が覚えやすくするために用いたインターネット上の住所のことです。「www.itoop.co.jp」といった表記をみなさんもみたことがあるのではないでしょうか?

どうやってIPアドレスとドメイン名を紐付けしているの?

コンピュータの構造上、0か1のみ判別ができ、認識するのはあくまでも数字です。そのため、コンピュータで通信するにはやはりIPアドレスを用いる必要があります。

そのIPアドレスとドメイン名を紐づけるのがDNS(Domain Name System)です。簡単に言うと、電話帳のようなものです。電話帳には「◯◯さん 090-△△△-×××」といった形で名前と電話番号が紐付けされていますよね。

DNS機能をもつサーバーも同様で、「www.itoop.co.jp」といったドメイン名(人間用の住所)と「192.168.1.1」といったIPアドレス(コンピュータの住所)が紐付けされて管理されています。インターネット上で検索した際に、このサーバーにアクセスをし、IPアドレスを教えてもらうことで接続したいサイトを見ることができます。DNSはこれだけで数時間語れるくらい複雑なものなので、興味をもった方は是非調べてみてください!

自分でドメインを取得することができる!?

ドメイン名って何となく企業が所有しているもの、自分にはあまり関係ないと思っている方はいませんか?実はドメイン名は契約をすることで、簡単に個人でも取得することができます。

「www.itoop.co.jp」の「itoop」の部分を自分で決めることができ、こうしたドメインを「独自ドメイン」と言います。因みに、「co」は会社(company略)、「jp」は日本(japanの略)で、co.jpは日本の会社を意味しています。

独自ドメインを取得するメリットは簡単にあげると、3点です。

①独自ドメインをもつメールアドレスを作成できる

会社の@以降のメールアドレスが統一されているのはこのためです。

②URLやメールアドレスを不変のものにできる

サーバーを入れ替える場合でも、同様のアドレスを用いることができるのは大きなメリットです。

③信頼度の向上

無料で誰でも作成できるURLよりも、ブランド力を上げ、より信頼度の高いサイトと認識されます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。簡潔にまとめましたが、意外と身近なところに存在しているものだということがわかりましたね。皆さまの何か興味をもつきっかけになれれば幸いです。

【仮想世界】再び注目を集めているメタバースについて

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

皆様はメタバースをご存知でしょうか?英語の「超 (meta) 」と「宇宙 (universe)」を組み合わせた造語で、「仮想空間」を意味しています。

メディアでも「メタバース」を取り上げられる機会が増えて、見聞きすることが多くなったのではないでしょうか?

今回は再注目中のメタバースについてご紹介します!

VRとメタバースの違いについて

仮想空間と聞くとVRを思いつく方がいると思います。VRとメタバースの違いはご存知でしょうか?

メタバースはインターネット上の「仮想空間」のことです。一方で、VRは「Virtual Reality」の略で「仮想現実」と訳します。仮想空間を現実のように感じる技術のことです。

メタバースはゲームなどの3D仮想空間が主流です。例えばNintendo Switch用ゲーム「あつまれ どうぶつの森」はメタバースのひとつといえます。

なぜ再熱したのか

近年はVR技術が進化しており、VRデバイスのハイスペック化などで、仮想空間でも現実に近いコミュニケーションが行えるようになってきました。

元FaceBook社のMeta社がVR技術を活用したメタバース・サービス「Horizon Workrooms」を2021年8月に開設し、メタバースとVRを組み合わせたサービスが注目を集めています。

仮想空間上での経済活動が可能になったことも再熱理由の1つです、NFT(非代替性トークン)という技術と組み合わせることで、ゲーム内アイテムやお金に唯一性を持たせて、ゲーム内資産をお金に換金することが出来るようになります。

補足ですが、Meta社の由来はメタバースから来ており、それだけ力をかけていることが伺えます。

多方面で活用されるメタバース

2022年1月7日には、人材サービス大手のパソナグループが、メタバース関連事業について本格参入すると発表がありました。仮想空間で職業体験、地方創生に繋げる取り組みなど様々な活かし方が期待をされています。

近年は、コロナウイルスの影響でイベントが軒並み中止や厳しい制限を受けていますが、仮想空間なら感染を気にすることなく、現実に近い体感でイベントを開催できるようになるので、自宅がイベント会場になる時代も夢ではないですね。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

ここまで進化しているとは驚きました。バーチャル会議が一般的に活用される時代が来るのが楽しみです。

VRデバイスの貸出サービスもあるので、是非興味がある方は体験してみてください。

それでは良い一日をお過ごしください。

【HP作成】WordPressにおけるCSSの活用方法

ご挨拶

あけましておめでとうございます。Itoopの佐藤です。

ブログを始めてからあっという間に半年が経ち、時間が過ぎるのが早いなと感じますね。

早速ですが、今回はWordpressでは頻繁に活用することになるCSSについてです。

Webデザインを覚えようと学習している友達がおり、その中で自分が覚えたことを伝えたときに「もっと早く知りたかった」と話があったため、そういった方々のために書いていきます。

何に困っていたのか

今回友達が困っていたことですが、トップページに表示する文字のサイズを行によって変更するといった、「簡単にできそうなのに、うまく解決する方法がわからない」ようなことでした。

かつて自分も困ったことがあったものでしたが、そこで利用したのがCSSになります。

CSSの利用方法

CSSは対象となる箇所にIDを割り振ることで、その部分のみを指定して文字のサイズなどを変更することが可能です

IDの振り方は以下になります。

上記のように「<p id = “任意の文字列”>xxxxxxx</p>」と記載します。

その後、CSSにて以下のように記述します。

上記の例はフォントサイズを36ピクセルに変更しています。

例えばWordpressの外観デザイン時に、追加CSSに記述すると変更することが可能です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

簡潔にまとめましたが、このやり方を教えていただいたときにはこんな簡単にできるのかと驚きました。

今回のやり方を用いることにより、HTML編集で様々な箇所にIDを割り振ることができるため、より自由にデザインすることが可能です。

特にWordpressを利用して間もない方の力になれれば幸いです。

今年も一年、よろしくお願いいたします。

【セキュリティ】ネットワークフォレンジックとは

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

皆さんは「ネットワークフォレンジック(Network Forensics)」をご存知でしょうか?

フォレンジックには、「法医学的な分析および調査」という意味があり、医学用語として使われているそうです。

この「フォレンジック」にネットワークを付けたしたのが「ネットワークフォレンジック」であり、近年のセキュリティアクシデントへの対応策として注目されています。

今回は、ネットワークフォレンジックについてご紹介します!

ネットワークフォレンジックとは

ネットワークフォレンジックとは、ネットワークで流れるデータを保存、分析するためのデジタル鑑識のひとつで、どの端末が、いつ、どのような経路で、何を送信したのかを記録します。

情報漏洩はどこでも起こりえる

情報漏洩の発生は、サイバー攻撃や内部からの流出など、外と内の両方に可能性があります。

近年は、テレワークなど新しい働き方を狙った攻撃もあり、社内ネットワークを利用しない接続などが狙われます。

実際に、東京オリンピック開催中には、およそ4億回のサイバー攻撃を受けていました。(対策により全てブロック)

また、PayPayへの不正アクセスで2000万件以上の加盟店情報流出なども起きており、サイバー攻撃珍しいものではなくなっています。

内部からの情報漏洩についても、様々な企業で発生しており、ニュースで取り上げられる事件はごく一部のものです。

なぜネットワークフォレンジックが必要とされるのか

このような現状のなか、ネットワークフォレンジックは、攻撃を未然に防ぐためでなく、事後対策として有効です。

インシデント発生時、記録しているデータを元にどういった経路から、どんな手段で、どんな情報が、どこに送信されたのかが明確に把握できるので迅速な原因究明と対応が可能になります。

また、社内通信全てを記録することで内部不正の抑止力にもなります。

アンチウィルス、ファイアウォールだけでなく、事故後ことも配慮したセキュリティ対策も必要です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、ネットワークフォレンジックについて解説しました。

IT化が進む現代だからこそ、セキュリティ対策もより強固なものにする必要があり、それに見合う知識をもっておくことが大事になってくるのではないでしょうか。

私も、情報セキュリティには十分気をつけながら日々の仕事に取り組んでいきます。

それでは良い一日をお過ごしください。

【Google Chromeユーザー必見!!!】作業効率UPにおすすめのGoogle Chromeの拡張機能3選!!!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の橋本です。

みなさんは、Google Chromeの拡張機能はお使いでしょうか。

ブラウザのChromeは使っているけれど、拡張機能はこれから!という方もいらっしゃるのではないかと思います。

今回は、作業効率UPにおすすめのChromeの拡張機能をご紹介します!

Awesome Screenshot

画面をキャプチャーするChrome拡張機能です。

ブラウザを使用していて、画面を画像で保存したい!というときがありませんか?

そういったときにとても役立つ拡張機能です。

Google Mail Checker

Gmailの未読メールがあれば、ブラウザのツールバーにアイコンで教えてくれるChrome拡張機能です。

Gmailをよく使う方は、入れておくと未読メールにすぐ気付くことが出来るようになります。

Evernote Web Clipper

「Evernote Web Clipper」はテキストや画像などをクラウド上に保存できる便利サービス「Evernote」のChrome拡張機能のことです。

インストールすると、Webサイトの情報を簡単に「Evernote」へ保存が可能になります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

Chrome拡張機能はたくさんあります。

Chrome拡張機能を活用して、作業効率をUPしていきましょう!