【セキュリティ対策】無償ウイルスソフトMicrosoft Defenderとは

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

皆様はMicrosoft Defender(マイクロソフト・ディフェンダー)をご存知でしょうか?

Windowsに搭載されているセキュリティ機能の1つです。

基本無料で、且つOSがWindowsなら誰でも利用できます。

今回はMicrosoft Defenderについてご紹介致します!

Microsoft Defenderとは

Microsoftが無償で提供しているセキュリティソフトです。Windows8から標準搭載されるようになりました。元々の名称はWindows Defender(ウィンドウズ・ディフェンダー)でしたが、2019年にMicrosoft Defenderに統一されました。

OSがWindowsなら必ずインストールされていますが、他のセキュリティソフトがインストールされると、自動的にストップします。その為、PC購入時から別のセキュリティソフトをインストールしているユーザーには馴染みが薄いかもしれません。

無償だから性能が他のセキュリティソフトより劣ると思われがちですが、多くのアップデートを重ねた結果、有償のセキュリティソフトにも劣らない性能を持っています。

Microsoft Defenderの性能とメリット

「ウイルスと脅威の防止」「アカウントの保護」「ファイアウォールとネットワーク保護」など基本的な機能が備わっています。

Microsoft Defenderは高いウイルスブロック率が強みです。

「AV-Comparatives」というセキュリティソフトをテストする機関が、2021年にテストした際にはマルウェアブロック率でアワードを受賞しました。また、ブロック率だけでなく、誤検知でも高い精度を誇ります。

最新のテスト結果はこちらを参照。「AV-Comparatives公式サイト

操作もシンプルで、Windowsユーザーなら利用する価値は大きいです。

Microsoft Defenderのデメリット

強いて言えばシンプルな作りをしている分、他のウイルスソフトと比較すると機能も最小限です。迷惑メールからの保護、パスワード保護機能などは備わっていません。また、有償のセキュリティソフトなら電話でのサポート体制、詳しい操作手順など手厚いサービスを受けることができます。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回はMicrosoft Defenderについてご紹介しました。

他のセキュリティソフトを購入しなくてもいい程、高性能なセキュリティソフトです。

マメにアップデートをするだけで、複雑な設定も不要です。Windowsユーザーは是非利用してみてください。

それでは良い一日をお過ごしください。

【超基礎知識編】ドメイン名って何??

はじめに

こんにちは。IToopの技術担当の橋本です。

みなさんは、ドメイン名って聞いたことがありますか?

どこかで聞いたことがあるような気がしますが、説明を求められたら回答に困る人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな基礎知識、ドメイン名の話をしていきます。

ドメイン名についてほとんど知らないという方向けやおさらいをしたい方向けに概要を書きますので、そのような方の目に止まれば幸いです。

ドメイン名とは?

以前のブログにて、IPアドレスが何かについて紹介をしました。IPアドレスは、簡単にいうと「ネットワーク上の住所」のことです。但し、この住所は「192.168.1.1」といったように数字のみで構成されています。人間にとってただの数字の羅列は構造上覚えにくいという難点がありました。

そこで登場するのが、「ドメイン名」です。

ドメイン名は、人間が覚えやすくするために用いたインターネット上の住所のことです。「www.itoop.co.jp」といった表記をみなさんもみたことがあるのではないでしょうか?

どうやってIPアドレスとドメイン名を紐付けしているの?

コンピュータの構造上、0か1のみ判別ができ、認識するのはあくまでも数字です。そのため、コンピュータで通信するにはやはりIPアドレスを用いる必要があります。

そのIPアドレスとドメイン名を紐づけるのがDNS(Domain Name System)です。簡単に言うと、電話帳のようなものです。電話帳には「◯◯さん 090-△△△-×××」といった形で名前と電話番号が紐付けされていますよね。

DNS機能をもつサーバーも同様で、「www.itoop.co.jp」といったドメイン名(人間用の住所)と「192.168.1.1」といったIPアドレス(コンピュータの住所)が紐付けされて管理されています。インターネット上で検索した際に、このサーバーにアクセスをし、IPアドレスを教えてもらうことで接続したいサイトを見ることができます。DNSはこれだけで数時間語れるくらい複雑なものなので、興味をもった方は是非調べてみてください!

自分でドメインを取得することができる!?

ドメイン名って何となく企業が所有しているもの、自分にはあまり関係ないと思っている方はいませんか?実はドメイン名は契約をすることで、簡単に個人でも取得することができます。

「www.itoop.co.jp」の「itoop」の部分を自分で決めることができ、こうしたドメインを「独自ドメイン」と言います。因みに、「co」は会社(company略)、「jp」は日本(japanの略)で、co.jpは日本の会社を意味しています。

独自ドメインを取得するメリットは簡単にあげると、3点です。

①独自ドメインをもつメールアドレスを作成できる

会社の@以降のメールアドレスが統一されているのはこのためです。

②URLやメールアドレスを不変のものにできる

サーバーを入れ替える場合でも、同様のアドレスを用いることができるのは大きなメリットです。

③信頼度の向上

無料で誰でも作成できるURLよりも、ブランド力を上げ、より信頼度の高いサイトと認識されます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。簡潔にまとめましたが、意外と身近なところに存在しているものだということがわかりましたね。皆さまの何か興味をもつきっかけになれれば幸いです。

【セキュリティ】ネットワークフォレンジックとは

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

皆さんは「ネットワークフォレンジック(Network Forensics)」をご存知でしょうか?

フォレンジックには、「法医学的な分析および調査」という意味があり、医学用語として使われているそうです。

この「フォレンジック」にネットワークを付けたしたのが「ネットワークフォレンジック」であり、近年のセキュリティアクシデントへの対応策として注目されています。

今回は、ネットワークフォレンジックについてご紹介します!

ネットワークフォレンジックとは

ネットワークフォレンジックとは、ネットワークで流れるデータを保存、分析するためのデジタル鑑識のひとつで、どの端末が、いつ、どのような経路で、何を送信したのかを記録します。

情報漏洩はどこでも起こりえる

情報漏洩の発生は、サイバー攻撃や内部からの流出など、外と内の両方に可能性があります。

近年は、テレワークなど新しい働き方を狙った攻撃もあり、社内ネットワークを利用しない接続などが狙われます。

実際に、東京オリンピック開催中には、およそ4億回のサイバー攻撃を受けていました。(対策により全てブロック)

また、PayPayへの不正アクセスで2000万件以上の加盟店情報流出なども起きており、サイバー攻撃珍しいものではなくなっています。

内部からの情報漏洩についても、様々な企業で発生しており、ニュースで取り上げられる事件はごく一部のものです。

なぜネットワークフォレンジックが必要とされるのか

このような現状のなか、ネットワークフォレンジックは、攻撃を未然に防ぐためでなく、事後対策として有効です。

インシデント発生時、記録しているデータを元にどういった経路から、どんな手段で、どんな情報が、どこに送信されたのかが明確に把握できるので迅速な原因究明と対応が可能になります。

また、社内通信全てを記録することで内部不正の抑止力にもなります。

アンチウィルス、ファイアウォールだけでなく、事故後ことも配慮したセキュリティ対策も必要です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、ネットワークフォレンジックについて解説しました。

IT化が進む現代だからこそ、セキュリティ対策もより強固なものにする必要があり、それに見合う知識をもっておくことが大事になってくるのではないでしょうか。

私も、情報セキュリティには十分気をつけながら日々の仕事に取り組んでいきます。

それでは良い一日をお過ごしください。

今さら聞けない!?「インターネット」の定義とは!?

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

みなさんは、「インターネット」について正しく説明することができますか?

ぼんやりと説明できる方は多いと思いますが、改めて聞かれると、具体的な説明は難しいかもしれません。

私も、当たり前のように認識していましたが、今回は改めて、「インターネット」についてまとめてみました!

インターネットって何?

スマホやパソコンなどの様々なデバイスを使って、相互に接続して情報をやり取りする仕組を「ネットワーク」と呼びます。

ケーブルや無線などで接続し、家や会社単位で作られたネットワークが、さらに外のネットワークに繋がります。

世界規模で多くのネットワーク同士が繋がり、出来上がった大きなネットワークがインターネットです。

インターネットは、団体や組織で運営されているものではありませんが、IPアドレスの管理や技術を標準化する団体は存在します。

インターネットの運営

インターネットに接続するには、重要な仕組みやルールがあります。

IPアドレス、ポート番号、ドメイン名、プロトコルがそれらに当たり、

民間の非営利団体であるICANN(アイキャン)(※1)が管理をしています。

インターネットで利用される技術のルールとして定める団体がIETF(※2)です。RFC (※3) と呼ばれる、技術文書を公開しています。

どちらの組織も開かれた組織で、誰でも参加可能です。

※1:「The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers」の略。米国で設立された民間の非営利法人
※2:「Internet Engineering Task Force」の略。インターネットで利用される技術の標準化を推進する任意団体
※3:「Request for Comments」の略。プロトコルやファイルフォーマットなどの技術仕様が書かれている

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回、改めて「インターネット」についてまとめてみました。

身近だからこそ、きちんと言葉で説明できるようなり、私も勉強になりました!

管理者がいない世界だからこそ自由で面白味がありますが、情報の取り扱いには注意しましょう。

それでは良い一日をお過ごしください。

インフラエンジニアってどんな職業?

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

みなさんは、インフラエンジニアという仕事をご存知でしょうか?

ITといえば、黒い画面でプログラミング言語を扱うイメージが強いと思います。

しかし、プログラミングを触らず、インフラ(基盤)部分を見る仕事があります。

それをインフラエンジニアと呼びます。

今回はインフラエンジニアがどんな仕事なのか紹介します!

ITインフラ(基盤)を担当する職種

インフラエンジニアとは、インフラという言葉の通り、ITの基盤を担当する職種を指します。

私達の生活にかかせないものである電気、ガス、水道などをインフラと呼びますね。

それをITに置き換えると、通信やサーバーの管理などがインフラに該当します。

インフラエンジニアとプログラミングを扱うエンジニア(プログラムエンジニア)の何が違うのかを飲食店に例えると、

飲食店で料理(コンテンツ)を作って提供する料理人がプログラミングエンジニア

その料理人が調理する環境(水、電気、ガス)を用意したり、お客さんが飲食店に来れるように駅から道を作る人がインフラエンジニアです。

サーバーエンジニアとネットワークエンジニア

インフラエンジニアは、「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」の大きく二つの仕事に分けることができます。

・サーバーエンジニア

サーバー関係の設計、構築、保守などを担当

・ネットワークエンジニア

通信関係の設計、構築、保守などを担当

どちらの仕事も豊富な実務知識が必要で、片方に特化したスペシャリストもいれば、浅くても広く出来る人もいます。

どんな知識が必要?

それぞれのサーバーエンジニアに必要な知識は以下の通りです。

・サーバーエンジニア

サーバー選定の為にパソコンスペックに関することや、OSにも種類があるのでWindows、Linuxの知識などなど。

・ネットワークエンジニア

通信の知識と通信機器の扱い方など。

また、設計、構築などの書類作成力、お客さんとのコミュニケーション力は、どちらの仕事をするにも必要な力ではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した内容は、ほんの概要のみで、覚えることは沢山あります。

インフラエンジニアとても大変なイメージがありますが、どこの企業にもITインフラは存在します。

それだけ需要が高く、今後も必要とされる仕事です。

プログラミングの専門学校を出なくても、未経験からでも出来る仕事が沢山あります。

出来る範囲を増やすとその分自力になり、収入アップに繋がるので可能性ある仕事だと思います。

それでは良い一日をお過ごしください。

【再確認】インターネットの基礎!IPアドレス!その2

はじめに

こんにちは。

Itoop(アイティープ)の橋本です。

今回は、先日投稿した記事の【IPアドレスの概要】に続いて、数が不足しているはずのIPv4がなぜ使われているのか、どのように利用されているのかについて書いていきます。

前回の記事を読まれていない方は、先に読んでいただけるとより理解しやすいかと思います。

前回記事:https://itoop-blog.yuima-ru-tokyo.com/20210804-article/

前回のおさらい

今回の記事から読み始めた方向けに、前回のおさらいを簡単に載せておきます。

まず、IPアドレスは住所と同じようなものであるため、ネットワークに存在する端末全てに割り振る必要があるということでした。

しかし、IPv4で割り振れるのは約43億個まで。PCの普及などに伴ってIPアドレスの枯渇が懸念され始め、割り振れる数を増やしたバージョンであるIPv6が出来たという記事としてまとめています。

記事の最後には、未だIPv4が現役で使われていて、今回の記事でその理由を説明するとしていました。

枯渇の解決方法

ここからは、IPv4がなぜ現役で使われているかを説明していきます。

まずはじめに理解していただく必要があるのは、常にインターネットに接続する必要はないということです。

例えば、メールを送る時にはインターネットに繋がっている必要がありますが、エクセルを社内の業務で利用するだけであればインターネットにつないでやり取りする必要はないわけです。

この想定をもとに、インターネットに直接つなぐ必要のない端末向けに組織ごとに使えるIPの範囲を世界的に定めました。これがプライベートIPというものです。

組織内で使うために定めているので、インターネット上で使えないようにされています。

プライベートIPは組織ごとに使え、クラスといって、割り振りできる数によってクラスA~Cの範囲に分けられています。

外部とやり取りするときにはグローバルIP、組織内ではプライベートIPを使う方法を用いることで、グローバルIP × プライベートIPの数で割り振ることができ、割り当てできる数が圧倒的に増えました。

外との通信はどうやるの?

見出しのとおり外部との通信についての説明になりますが、NATやNAPTという名前をきいたことはあるでしょうか?

詳しい説明はここでは省きますが、ざっくり話すとグローバルIPとプライベートIPを変換する技術になります。

詳細はリンク先の記事が分かりやすいかと思いますが、別途解説の記事も書いてみようと思います。

参考:https://xtech.nikkei.com/it/atcl/column/17/011900625/011900005/

外部とやり取りするときにはグローバルIP、組織内ではプライベートIPを使う方法が生まれたので既存の仕組みを大きく変えることなくIPv4が使われ続けることになりました。

過去の知識とこれから

もともとの想定から外れてしまっても何とかしてしまうあたり、めちゃくちゃ考えられたんだなと感じます。

IPについての知識は単体だと今の状況を知ることができるだけですが、IPv6と絡んでくると今後のIoTにも欠かせない知識になります。次回はIPv6の話と、IoTと何が関わるのか書いていこうと思いますので、楽しみにしていてください♪

今回はここまでとしますが、皆さんの知識のお役に立つことができたら幸いです。

【再確認】インターネットの基礎!IPアドレス!

こんにちは。

Itoopの技術担当、橋本です。

意外と基礎知識って理解しないままでも仕事に影響しなかったりするので、不明確なままの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回はそんな基礎知識、IPアドレスの話を書いていきます。

今回は概要について書きますので、IPアドレスについて再確認したい方やまだ理解できていないかも?といった方の目にとまれば幸いです。

IPアドレスとは?

まず、IPアドレスとは「Internet Protocol アドレス」のことです。

アドレス(=住所)の名前どおり、手紙を送るときの住所のように、やり取りする先を判断するために使います。

言葉を分割して考えると下のような意味になりますね。

 Internet:世界中のコンピュータなどの情報機器を接続するネットワーク

 Protocol:インターネットでやり取りするとき時の、決まりごとのようなもの

 アドレス:住所

つまりInternetProtocolで利用するアドレスということです。

このIPアドレスが割り振られているから、インターネットでメールを送ったり、動画を見ることができるわけですね。

この住所、実はバージョンの違いでv4とv6に分けられています。

なぜアドレスのバージョンがあるのか、次はバージョンの話をしていきます。

IPv4とIPv6はバージョンの差!

上でも書きましたが、IPアドレスはインターネットに接続するすべての機械に割り振る必要があります。

割り振れるIPアドレスの数は、IPv4の場合、2の32乗で「4,294,967,296」、つまり約43億個!とても多いですね。

しかし、実はIPv4は枯渇しています。

もともとは全世界の機械にIPアドレスを割り振っても余る想定でしたが、当時の想定よりPCなどの機械が普及していったため、新しいバージョンのIPv6が生まれました。

IPv6で割り振れるIPアドレスの数は2の128乗で「3.402823669209385e+38」、つまり約「340澗」!この単位は「かん」と読み、340兆を1兆倍したものをさらに1兆倍した値で、多すぎてイメージができないです…PCの電卓でおこなった計算結果を載せていますが、e+38は10の38乗という意味なので、38桁の数値になっています。

これで解決と言いたいですが、世界ではまだIPv4が利用されており、なぜなのかという理由を次に解説していきます。

現在も古いバージョンのIPv4が使われている?

新しいバージョンとして生まれたIPv6ですが、使われてはいるもののIPv4がまだまだ現役です。詳しい話は次回に回そうと思いますが、取り決めを作りIPv4のIPアドレスをローカルIPアドレスとグローバルIPアドレスという区分で分けることで、使える範囲は変わらないものの総量を増やすことが出来ています。

例)以下のように住所が3つあるとしましょう。

1.○○県○○町1丁目1番地1号

2.○○県○○町1丁目2番地3号

3.○○県××町1丁目1番地1号

○○県○○町までが他と同じだと、1.と3.の番地が同じなので住所が特定できなくなって困りますよね?

県名や町名が一意であることで、1.と3.のように番地が同じでも問題なく住所が特定できます。

県と町名のように一意であるものがグローバルIPアドレス、特定の範囲でしか使えないので問題ない番地のようなものがローカルIPアドレスという感覚で理解しています。

また、インターネットで使われているということは全世界での問題のため、IPv6は全世界で適用していく必要があります。

現在使われている機械をほぼすべて置き換えなければいけないこともあり、IPv4を廃止できるほど普及や対応は進んでおらず、併用しているのが現在の状況です。

他にも理由はあるのですが、興味のある方はぜひ調べてみてください。

改めて重要!基礎知識!

基礎知識は、仕事に使わなくても、理解していると次の知識に繋がるなと感じます。

PCの設定やネットワークの構成と紐づけていると、はじめは分からなかったIPアドレスの話も、分かりやすくなりました。

どうやって使うなどの話は次回以降に書きますので、お待ちいただけると幸いです。

【未経験のエンジニア必見!】メリット満載のクラウドを学ぶ!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です。

早速ですが、クラウドについて一から勉強してみました!

みなさんも単語自体を聞いたことがあっても詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、私のようなIT業界入りたての人でもわかりやすいようにクラウドについて書こうと思います。

クラウドとは?

クラウドとは「ユーザーがインフラやソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、サービスを必要な時に必要な分だけ利用する考え方」です。

クラウドの身近な例には、GmailやYahoo!メールなどがあります。

つまりクラウドとは、インストール不要で、インターネットに接続してサービスを利用できるものを言います。

逆に、ExcelやOutlookなどのインストールして利用するサービスは、クラウドとは呼びません。

クラウドのメリット2つ

クラウドにはメリットが2つあると考えてます

①コスト削減

 従来は、PCや社内サーバーにソフトウェアをインストールして利用することが一般的でした。

 サーバーを購入し、ソフトウェアをインストールするなど様々な作業がありましたが、クラウドではそれらを省いてネットワーク経由で利用ができます!

②運用が簡単

 ハードウェア、ソフトウェア、電気代、運用のための人件費はすべてサービス提供会社が行います。クラウドを利用することによって、常に最新のバージョンを利用可能で、労力もかからず利用できます!

多企業が採用するクラウドの導入推移

上記のメリットもあることから、日本におけるクラウドの利用率は年々伸びています!

クラウドの利用動向について、2019年に総務省が2,122社を対象に調査したデータによると、クラウドを導入している会社の割合は64.7%で、前年の58.7%と比べて6.0ポイント上昇していました!

ガートナー社が日本企業のクラウド利用率を調査した際は2021年4月時点でも去年よりも利用率が上昇しています。

また、データによると大企業ほどクラウドを利用する傾向がありました。

導入までの工程が短く、利用するハードルが低い点から、今後ますます多くの企業でクラウドの利用率が増加することが予想されます!

総務省参考URL:

https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r02/html/nd252140.html

ガートナー社URL:

https://www.gartner.co.jp/ja/newsroom/press-releases/pr-20210614

おわりに

新型コロナウイルスの影響で対面で仕事をする機会が減少しました。

しかしクラウドの波及により、時間と場所を自由に選べる働き方へ変化したことで、コロナ禍という状況下でも効率よく仕事ができるようになりました。

今後、さらにクラウドについての理解を深め、より詳細な記事を書く予定です。

それでは本日も良い一日をお過ごしください。