【必見!超キャリアUP】システム開発者必須!要件定義書とは

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

皆様はシステムの要件定義を書いたこと、または読んだことはありますか?

システム開発において必須になるのが「要件定義書」です。

今回は要件定義の書き方について書いていきます。

要件定義書とは

システム開発の最初にする作業で、やることとやらないことを明確にします。

お客様と「言った/言ってない」を避けるために、画面設計、DBなど細かい話はせず、「何を実現したいのか」、「どんなシステムなのか」など大まかに何を作ろうとしているのかを明確にします。

要件定義書の項目

要件定義書は大きく「業務要件」「機能要件」「非機能要件」の3つで構成されます。

「業務要件」はユーザー、管理者がどうやって使うのかなど「何の為のシステム」なのかを決めます。

「機能要件」はログイン機能があるのか、メニューバーがあるのかシステムの機能的な要件を決めます。

「非機能要件」は性能や、可用性、拡張性、セキュリティ対策、運用保守など機能以外の要件を決めます。

必要スキル

プログラミング、ハードウェアの技術よりもコミュニケーション能力が重要視されます。お客様と共通認識をすり合わせながら、課題解決を目指していきます。

お客様のITリテラシーによりますが、どうやって実現するか提案力もあればベターです。

システムへの理解度も重要で、どこがどう動くのか全体の動きを理解することも必要です。

お客様への提案も課題解決もシステム開発経験、知識が土台になってできることなので、豊富な現場経験が必須です。

終わりに

いかがでしたでしょうか?

今回は、簡単にですが要件定義について紹介しました。

システム開発において責任ある工程で、その分年収アップにも繋がります。

チャンスがあれば是非チャレンジしてみてください。

それでは良い一日をお過ごしください。

覚えると超便利!2022年以降のプログラミング言語!!

はじめに

こんにちは。Itoopの佐藤です。

日中は寒さも少しは和らいできましたが、まだまだ厳しい寒さが続きますね。寒さ対策を怠らずに過ごしていきましょう。

今回はおすすめのプログラミング言語について書いていきます。

おすすめのプログラミング言語

プログラミング言語といっても既にたくさん存在しているため、どの言語を学習すれば良いか迷うかと思います。

そんな数ある言語の中で特におすすめの言語が以下になります。

・Python

・Java

・Ruby

詳しくは次の章にて説明いたします。

おすすめの理由

・Python

AI・機械学習やWEBアプリの開発、IoT、データ分析などの最新技術で幅広く用いられている言語です。

海外でも人気があり、国内でも需要も増えていることから将来性のある言語と言えます。

・Java

環境に依存しない汎用性の高い言語で、様々なOSで動作させることが可能です。独学になると難易度は高めですが、書籍やプログラミングスクールもあるため、初心者でも学びやすく、求人も多いことから習得が仕事に繋がりやすい言語です。

・Ruby

日本人が開発したプログラミング言語で学習もしやすく、日本語での情報交換やサポートが受けやすい他、WEBアプリケーションフレームワーク・Ruby on Railsもエンジニアに人気がある言語で、フリーランスや副業での案件も多いと言われています。

おわりに

以前「【プログラマー必読!】著書「達人プログラマー 職人から名匠への道」を紹介」で紹介した本に「知識のポートフォリオを更新する」と記載がありました。

新しい技術を覚えていくことはエンジニアとしての価値を上げる意味でも重要だなと感じました。

新年も明けて既に1ヶ月が経ちましたが、新たにエンジニアとしての価値を高めるためにも学習してみてはいかがでしょうか。

皆様の新しい可能性のきっかけとなると幸いです。

【 必見!】未来を創る今後大注目の業界「フードテック」とは!?

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)技術担当の佐藤です!

今回は、今注目されている業界の一つである、フードテックについて書いていきます!

”フードテック”というワードは、みなさん聞いたことがあるでしょうか?僕は聞いたことはありましたが、具体的にどのようなものかは知りませんでした。そこで、今注目されているフードテックについて、調べたことをお伝えします!

フードテックとは!?

フードテックとは「食のフード」(Food)と「テクノロジー」(Technology)を組み合わせた造語です。最先端のIT分野(IoTやICT等)を活用して、食の持つ可能性を広げていくことがフードテックで、今後日本の成長産業として期待されている「伸びる業界」の1つです。

引用:https://www.job-terminal.com/features/%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF/

なぜフードテックが注目されているのか!?

注目される理由として、以下3点が挙げられます。

・市場が広い

・SDGsとの繋がりが大きい

・食の安全性を担保できる

「フードテック」の市場は世界的な規模で注目を集め、市場規模は年々拡大し続けています。世界のトータルでは年間2兆円を超える金額が投資されているようです。

日本政府も「SDGsアクションプラン2021」において、持続的な生産・消費の促進、食品廃棄物・食品ロスの削減や活用などに言及していて、国内における「フードテック」の期待も高まっています。

更に「フードテック」の分野は食への安全性を担保できる点でも高く評価されています。テクノロジーの力により、「生産から食品供給までを追跡する仕組み」や、「異物混入を防止する新たな仕組み」、「長期保存可能なパッケージ開発」などの発展が進んでいくといいます。

フードテックによって生み出された最新テクノロジー

フードテックによって生まれた、まったく新しいテクノロジーをいくつか紹介していきます。

・代替肉
培養肉:少ない資源から食肉を生成する技術として注目されています。
プラントベースの代替肉:植物性のタンパク質からつくられた肉のことで、一番メジャーなのは、大豆ミートですね。

・植物工場
屋内で作物を人工的に生産するシステムのことです。光、温度、水の量などをコントロールした施設内で安定した作物の生産と供給を目的としています。

・新食材
人類があまり食してこなかった食料の生産です。例えばミドリムシを粉末にしてクッキーやドリンクにした製品、必要な栄養素が全て取れるグミなどです。さらに代表的なのが「昆虫食」です。昆虫食は栄養価が高く、環境にかかる負担も少なく、低コストで大量生産が可能です。

おわりに

いかがでしたでしょうか?近い将来、「フードテック」は僕たちの日常になくてはならないものとして、生活の中に浸透していくのではないかと思います。そのくらい、この世の中を大きく変えていきそうな業界だと感じました。今後のフードテック業界に、さらに注目していきたいですね!

それでは皆さん、今日も良い一日をお過ごしください。

【エンジニア必見!】噂の「ノーコード/ローコード」とは!?

こんにちは。

Itoop(アイティープ)の橋本です。

近年では、「プログラミング言語の知識がなくても、アプリやWebサイトを簡単に作れる」時代がすでに到来しています。それを可能にするのが、「ノーコード/ローコード」です。

そこで今回は、今注目の「ノーコード/ローコード」について書きたいと思います。

そもそも「ノーコード/ローコード」とは!?

ノーコードとは、プログラミング言語から成るソースコードを書かずに、ソフトウェアやWebサイトを開発することです。

また、ローコードとは、開発工程の大半をノーコード的な開発手法で進め、コーディングが必要な箇所には従来通りのコーディングを取り入れていくことを指しています。

基本的な操作は、ドラッグ&ドロップで可能です。

なぜ、今「ノーコード/ローコード」が熱いのか!?

実はノーコード/ローコードの技術自体は、そこまで新しいものではありません。Excelのマクロ機能も、ローコードの一種と言えます。

ではなぜ今、ノーコード/ローコードに改めて熱い視線が注がれているのでしょうか。

それはシンプルにノーコード/ローコードに対するニーズが増えているからです。その背景には、デジタルトランスフォーメーション(DX)の流れがあります。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革することを意味します。

各社でDXの必要性が叫ばれているなか、『迅速な変化に対応できる柔軟性』が重要なポイントになっており、SIerに丸投げするのではなく、システムやアプリケーションの開発を内製化する動きが出てきました。

「ノーコード/ローコード」の利点とは!?

「ノーコード/ローコード」の最大の利点は、開発時間を大幅に解決できる点です。

特にB to Cの領域では、ユーザーの好みや要望は、目まぐるしく変わっていきます。その変化に対応するために必要なのは、何と言ってもスピード感。

ノーコード/ローコードなら、コードを反復して書く必要もなければ、コード記述によるバグ修正の時間も節約できるため、スピーディーに開発することができます。

また、ソフトウェア開発やエンジニアの採用にかかっていた費用を抑えられる点も大きいです。ノーコード/ローコードの開発ツールは、月額数千円から使えるものも多く、コストを削減できる傾向にあります。

さらに、プログラミング言語の知識が不要という点も利点の一つでしょう。

おわりに

「ノーコード/ローコード」は、年齢、性別、地域のギャップを解消できると考えます。

現状では、フルでコーディングできる人材には圧倒的に男性が多く、年齢も若年層に偏っています。プログラミング知識がなくても開発に携われるノーコードが普及すれば、ソフトウェア開発の世界に多様性をもたらすかもしれません。

もちろん、エンジニアにとっても利点があります。ノーコード/ローコードは、大抵の場合Webブラウザが使える環境さえあれば良いため、それほど特別な開発環境のセットアップを必要としません。

そのため、エンジニアがどこからでも仕事ができるようになり、地域間の格差の是正や、自由な働き方の推進にも繋がると考えられます。

この記事が読者の皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

【初心者必見!】左右寄せ!レスポンシブ対応を見据えた構成!

こんにちは!

Itoop(アイティープ)の技術担当、佐藤です!

だんだん夏らしくなり、スーパーではスイカや夏野菜が目に入るようになってきましたね!

暑くなってきたからこそ、旬のものでエネルギーを補給したいです!

ところで、今回はWEBページ改修依頼の対応中にコンテンツの左寄せがうまくいかない事象を解決したので、理解の整理もかねて紹介させてもらいます!

初めて対応した、コンテンツの左寄せ!

今回は、WEBページの要素について左寄せというのを対応しました。

調べたところ、真っ先に目についたのが「float(フロート)」!

「float」は左右に要素を寄せるときに使う設定で、left、rightと指定することで左右に寄せることができます。

floatを利用することで左寄せが完了しました!

しかし、このあと対応を続けていくなかで想定外の問題が発生しました。。

問題発生!要素が重なってしまう!

左寄せは「float:left」で実現しました!

しかし、レスポンシブ対応といって、画面の幅が違うデバイスに対応させようとしたとき、不思議な挙動をするようになりました。

対象の画像と別の画像が重なって見えるようになってしまったのです!

別の画像は重ならずに左右に分かれたままだったり、左右に合った要素の段が変わったりしていたので、素直に「なんでこんなことに?」と驚きました!

悩んでも分からない僕は、先輩に相談しました!

どうやら左寄せを実現するために利用した「float」の仕様が問題でした!

『display:inline-block』で解決!

先輩の言葉をもとに調べたところ、左寄せを実現するために複数のやり方を発見しました!

例を挙げると、「float」「inline」「inline-block」・・・

それぞれ役割が違いました!

原因としては、今回利用した「float」の仕様でした。ほかの要素に「float」の設定がないと干渉しないという動きをします。

ほかの要素との間隔を直接数値で指定していたのもあって、画面の幅が変わると画像と画像が重なるような動きになっていました!

今回の対応に限れば「display:inline-block」という設定を「float:left」の代わりに利用するのが最適でした!

ほかの画像と重なることもなく、そのあとに加えた設定とも競合しませんでした!

参考:https://saruwakakun.com/html-css/basic/display

おわりに

今回、自分の能力を超えた挑戦だったので、先輩に助けていただいて本当にありがたかったです!

「左寄せ」ひとつにしても、複数の対応方法があり、自分の考えに固執していたことに気づけました!

人に聞くことで、視点を増やせることと、CSSの操作の理解が深まりました!

この記事が自分のような駆け出しのエンジニアの力や、問題解決のきっかけになったらとても嬉しいです!

今日も良い一日をお過ごしください。