日常生活からSDGsに貢献!プラスチックフリーに取り組もう!

こんにちは。

Itoop(アイティープ)の橋本です。

先日、マイボトルの記事を書きましたが、

その中で、マイボトルを持つことでプラスチックフリーに繋がることがわかりました。

ただ、「なぜプラスチックフリーを意識する必要があるのか?」という新たな疑問が生まれました。

マイボトルを持つことでプラスチックゴミが減る?などざっくりしたイメージはありましたが、どんな問題があって、なぜプラスチックフリーが重要なのか、調べてみることにしました。

・前回のブログ

日常生活からSDGsに貢献!マイボトルを持とう!

問題①:海洋プラスチック問題!

クジラや海鳥など、海に住む動物達の死因の一つに、レジ袋やプラスチックの破片が消化器官に詰まることがあげられています。

詰まるだけならまだしも、プラスチックを形成している化学物質が体内に溶け出している可能性もあるとのことでした。

現段階では海に住む動物達への影響が大きいですが、もしかしたら生態系の循環によって、回り回って人間にも影響があるかもしれないそうです。

現在、プラスチック問題の影響範囲がどこまで及ぶかが研究されているそうすが、レジ袋やいつも使用しているプラスチックは、私たちが日常生活を送るなかでも減らすことができるなと気づきました。

問題②:気候変動!

海洋プラスチック問題は、処分されず海に流れ出たプラスチックが海の生態系を汚染してしまう問題でしたが、プラスチックによる影響はれだけに留まりません。

プラスチックを処分すれば問題ないように思いますが、

プラスチックは石油で作られてるので、焼却するときにCO2が発生し、気候変動にも影響があります。

この問題も、プラスチックの使用を減らすことでCO2の排出量を減らすことができるので、購入段階で減らせることはできないかと考えることが大事だと気づきました。

おわりに

今回、プラスチック問題を調べてみて、なぜプラスチックフリーが必要なのかがわかり、マイボトルを持つ以外にもレジ袋をもらわないようにするなどのできると気づきました。

環境への活動はこれからも増えてくるかと思いますが、

なんのために行っているのか調べながら行動しようと思います。

この記事をきっかけに環境問題に興味を持っていただけたら幸いです。

【必見!!業務効率向上!!】Gmailで使えるショートカットキー

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の橋本です。

突然ですが、Gmailにショートカットキーがあることをご存知ですか?

私は普段、Gmailを利用することが多いのですが、ショートカットキーを使い始めてから作業効率がアップしました!

Gmail以外にもGoogle Chrome、Googleカレンダーなどに様々なショートカットキーがあります。

その中でも、今回はGmailのショートカットキーを紹介します。

まずやることは?

Gmailにてショートカットキーを利用するには、事前設定が必要です!

具体的な設定方法は、下記参考URLの「キーボード ショートカットを有効にする」をご確認ください。

参考:https://support.google.com/mail/answer/6594?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DDesktop

「キーボードショートカット」をONにすることで、Gmailでショートカットキーを使うことが出来ます!

  1. Gmailアプリを起動
  2. 歯車マークの中から「設定」をクリック
  3. [キーボード ショートカット ON] を選択
  4. ページ下部にある [変更を保存] をクリック

Gmailで使える便利なショートカットキー

Gmailのショートカットキーは、様々な画面で使用可能です。

主に、受信トレイ画面で使えるショートカットキー、メールを開いている画面で使えるショートカットキー、メール作成画面で使えるショートカットキーがあります。

自分が使いやすいショートカットキーは覚えてぜひ利用してみてください。

参考:https://support.google.com/mail/answer/6594?hl=ja&co=GENIE.Platform%3DDesktop

おわりに

今回、Gmailのショートカットキーについて紹介しましたが、ショートカットキーを利用し、業務効率を良くしていきましょう!

Gmail以外にもOutlookなど様々なショートカットキーが存在します。

ぜひ調べてみてください。

少しでもみなさまのお役に立てますと幸いです。

それではみなさま、良い一日をお過ごしください。

インフラエンジニアってどんな職業?

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

みなさんは、インフラエンジニアという仕事をご存知でしょうか?

ITといえば、黒い画面でプログラミング言語を扱うイメージが強いと思います。

しかし、プログラミングを触らず、インフラ(基盤)部分を見る仕事があります。

それをインフラエンジニアと呼びます。

今回はインフラエンジニアがどんな仕事なのか紹介します!

ITインフラ(基盤)を担当する職種

インフラエンジニアとは、インフラという言葉の通り、ITの基盤を担当する職種を指します。

私達の生活にかかせないものである電気、ガス、水道などをインフラと呼びますね。

それをITに置き換えると、通信やサーバーの管理などがインフラに該当します。

インフラエンジニアとプログラミングを扱うエンジニア(プログラムエンジニア)の何が違うのかを飲食店に例えると、

飲食店で料理(コンテンツ)を作って提供する料理人がプログラミングエンジニア

その料理人が調理する環境(水、電気、ガス)を用意したり、お客さんが飲食店に来れるように駅から道を作る人がインフラエンジニアです。

サーバーエンジニアとネットワークエンジニア

インフラエンジニアは、「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」の大きく二つの仕事に分けることができます。

・サーバーエンジニア

サーバー関係の設計、構築、保守などを担当

・ネットワークエンジニア

通信関係の設計、構築、保守などを担当

どちらの仕事も豊富な実務知識が必要で、片方に特化したスペシャリストもいれば、浅くても広く出来る人もいます。

どんな知識が必要?

それぞれのサーバーエンジニアに必要な知識は以下の通りです。

・サーバーエンジニア

サーバー選定の為にパソコンスペックに関することや、OSにも種類があるのでWindows、Linuxの知識などなど。

・ネットワークエンジニア

通信の知識と通信機器の扱い方など。

また、設計、構築などの書類作成力、お客さんとのコミュニケーション力は、どちらの仕事をするにも必要な力ではないでしょうか。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

今回紹介した内容は、ほんの概要のみで、覚えることは沢山あります。

インフラエンジニアとても大変なイメージがありますが、どこの企業にもITインフラは存在します。

それだけ需要が高く、今後も必要とされる仕事です。

プログラミングの専門学校を出なくても、未経験からでも出来る仕事が沢山あります。

出来る範囲を増やすとその分自力になり、収入アップに繋がるので可能性ある仕事だと思います。

それでは良い一日をお過ごしください。

【エンジニア必見!】噂の「ノーコード/ローコード」とは!?

こんにちは。

Itoop(アイティープ)の橋本です。

近年では、「プログラミング言語の知識がなくても、アプリやWebサイトを簡単に作れる」時代がすでに到来しています。それを可能にするのが、「ノーコード/ローコード」です。

そこで今回は、今注目の「ノーコード/ローコード」について書きたいと思います。

そもそも「ノーコード/ローコード」とは!?

ノーコードとは、プログラミング言語から成るソースコードを書かずに、ソフトウェアやWebサイトを開発することです。

また、ローコードとは、開発工程の大半をノーコード的な開発手法で進め、コーディングが必要な箇所には従来通りのコーディングを取り入れていくことを指しています。

基本的な操作は、ドラッグ&ドロップで可能です。

なぜ、今「ノーコード/ローコード」が熱いのか!?

実はノーコード/ローコードの技術自体は、そこまで新しいものではありません。Excelのマクロ機能も、ローコードの一種と言えます。

ではなぜ今、ノーコード/ローコードに改めて熱い視線が注がれているのでしょうか。

それはシンプルにノーコード/ローコードに対するニーズが増えているからです。その背景には、デジタルトランスフォーメーション(DX)の流れがあります。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革することを意味します。

各社でDXの必要性が叫ばれているなか、『迅速な変化に対応できる柔軟性』が重要なポイントになっており、SIerに丸投げするのではなく、システムやアプリケーションの開発を内製化する動きが出てきました。

「ノーコード/ローコード」の利点とは!?

「ノーコード/ローコード」の最大の利点は、開発時間を大幅に解決できる点です。

特にB to Cの領域では、ユーザーの好みや要望は、目まぐるしく変わっていきます。その変化に対応するために必要なのは、何と言ってもスピード感。

ノーコード/ローコードなら、コードを反復して書く必要もなければ、コード記述によるバグ修正の時間も節約できるため、スピーディーに開発することができます。

また、ソフトウェア開発やエンジニアの採用にかかっていた費用を抑えられる点も大きいです。ノーコード/ローコードの開発ツールは、月額数千円から使えるものも多く、コストを削減できる傾向にあります。

さらに、プログラミング言語の知識が不要という点も利点の一つでしょう。

おわりに

「ノーコード/ローコード」は、年齢、性別、地域のギャップを解消できると考えます。

現状では、フルでコーディングできる人材には圧倒的に男性が多く、年齢も若年層に偏っています。プログラミング知識がなくても開発に携われるノーコードが普及すれば、ソフトウェア開発の世界に多様性をもたらすかもしれません。

もちろん、エンジニアにとっても利点があります。ノーコード/ローコードは、大抵の場合Webブラウザが使える環境さえあれば良いため、それほど特別な開発環境のセットアップを必要としません。

そのため、エンジニアがどこからでも仕事ができるようになり、地域間の格差の是正や、自由な働き方の推進にも繋がると考えられます。

この記事が読者の皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

【Slack利用者必見!】Slackをもっと効果的に活用するコマンド3選!!!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の橋本です。

みなさんは、仕事でお使いのコミュニケーションツールはありますか?

私は、仕事でSlackを利用しています。

今回は、知っておくと便利なSlackのコマンドを紹介します。

Slackとは?

そもそも、「Slack」を知らない方もいるかもしれません。

公式サイトでは、Slackの主力製品を「コミュニケーションハブ」と呼んでいますが、ウェブを基盤としたリアルタイムのコミュニケーションツールのことです。

主に、チャット機能や複数人でのグループチャット、ファイルの共有などが出来ます。

そんなSlackの活用方法をご紹介します!

Slackのコマンド3選!

(1)ワークスペース内のあらゆる場所からダイレクトメッセージを送信!

「/msg @ユーザー名」

ワークスペース内のあらゆるチャンネルのあらゆるユーザーに、ダイレクトメッセージを送信することが出来ます。

(2)特定のチャンネル、特定のユーザーから検索!高度な絞り込み検索!

「in:〜」、「from:〜」

Slackでは、下記のように検索欄にコマンドを入れることで、高度な絞り込み検索が可能です。

特定のチャンネルからのことを検索したい場合は、「in:」を冒頭に付けましょう。

特定のユーザーからのことを検索したい場合は、「from:」を冒頭に付けましょう。

(3)タスクのリマインダー設定!

「/remind」

リマインダーを簡単に設定することが可能です。

リマインダーを設定することにより、タスク管理することが出来ます。

おわりに

今回は、知っておくと便利なSlackのコマンドについてご紹介させていただきました。

ぜひご自身で調べてみて、Slackをより効果的に活用していきましょう!

それでは良い一日をお過ごしください。

20代からやっておきたい!!自宅でもオフィスでもできる健康についてできること4選!!

はじめに

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

今回は、「健康」についてお話していきます。

皆さんは健康についてどれくらい気をつけていますか??

私自身社会人になり金銭面にも余裕ができたことや、学生の時より運動量も減ったことで少し太ってしまったので、ダイエットをはじめました。

結果、普段からの意識を変えることと、少しの筋トレの実戦で5kg痩せることができました!

その際に取り組んだことをご紹介します!

在宅勤務の人は運動不足?

最近、在宅で仕事をされる方が増えているかと思います。

在宅勤務は、ワークライフバランスを整えやすくなることがメリットの一つではありますが、一方で運動不足によって生活習慣病等を引き起こす可能性もあります。

健康的な状態を保つために、1日の歩数は、8,000〜10,000歩が理想ですが、4000歩未満が4.5%から32.6%と増加しているそうです。

参考:厚生労働省.「健康日本21」.

https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b2.html#A23

在宅勤務の方は、これまで以上に意識して運動する必要がありますね

1.階段を利用する

日常生活で少し意識して階段を使ってみる。

よく言われていることですが、実践してみて効果を実感しました。

なにより簡単に運動量を増やせるのがいいですね。

2.軽く足をあげる

仕事中にやっていたことですが、デスクワークのときには、足を閉じて少し浮かせる運動がよかったです。

ささいなことですが、これだけでも効果を実感できました。

3.体幹トレーニングをする

インナーマッスルとも言いますが、体幹を鍛えることで、筋肉量が増えて、基礎代謝がアップします。

また、道具が不要で、自分の体のみでトレーニングができるのも魅力の一つです。

私の場合は、腕立て伏せの状態から、腕を体に添うようにして、30秒間維持するトレーニングを実践しました。

秒数を少しづつ増やすと、成長しているのも実感できて、より楽しみながらトレーニングできました。

4.20時以降の食事を控える!!

運動ではありませんが、ご飯を食べる時間を意識していました。

入眠スピードが速くなったり、朝気持ちよく起きられたりと、良いことが多かったです。

おわりに

いかがでしたか?

冒頭でもお伝えしましたが、私はこれで5kg痩せることができました!

もちろんダイエットにも効果的ですが、年齢が若いうちから運動をする習慣をつけておくと、

生活習慣病などの予防にもつながるかもしれませんね。

みなさんもぜひ取り入れてみてください。

【違いは何??】HPとLPの違いについてのまとめ!③まとめ

こんにちは、Itoop(アイティープ)の広報担当の黒澤です!

だんだん涼しくなってきましたね。秋は過ごしやすい気候で個人的に好きです。

さて、これまで、HPとLPの役割や特徴をまとめてきました。

【違いは何??】HPとLPの違いについてのまとめ!①HPとは?
【違いは何??】HPとLPの違いについてのまとめ!②LPとは?

今回は、これまで述べてきたHP、LPの違い、それぞれのメリット・デメリットについてをまとめました。

HPとLPの目的の違い


HPの目的はとても広く、企業の説明や広報、ブランディングなど多岐にわたります。
LPの目的は、ユーザー・顧客の契約や購入、問い合わせといった具体的な行動に着地することを目的としています。

HPとLPの特徴の違い


HPは、複数のページやメニュー、リンクで構成されています。
対してLPは、基本的に1ぺージ構成となっており、コンバージョン獲得に効果的な情報のみが掲載されています。

HPとLPそれぞれのメリット


HPは、幅広い情報を発信することができるため、汎用性が高く新しい情報を継続的に掲載していくことができます。
これにより、中長期的に運用していくとコンテンツが充実していき、検索エンジン上位に表示されやすくなり、継続的に集客していくことが出来ます。

LPは、ページに訪れたユーザーが知りたい情報が1ページにまとめられており、他のページへのリンクなども少ないことから離脱率を減少させることが出来ます。
また、ユーザーや顧客が具体的な行動に着地しやすいよう導線を敷くことが出来ます。

HPとLPそれぞれの注意点

HPの運用には、ノウハウが必要になります。
外注することもできますがやはりコストがかかりますし、内部に担当者を設けたほうが運用しやすく、情報更新も業者を挟まないためスムーズに進めることができます。

LPは、ユーザーや顧客の行動着地を目的としたページなので、対象の人が実際の行動に繋がりやすいよう導線を引く構成にする必要があります。その上で、画像やレイアウトなどのデザイン性を高めて作成していたりするので、製作コストがかかってしまうことが挙げられます。

まとめ

以上の様に、HPとLPの目的、それぞれのメリット・デメリットについて理解していただけたのではないでしょうか?
「どういった結果を作りたいか」その目的によってどちらをどう運用するか、誰に対してどういった情報を掲載していくかが決まってきます。
それらを理解した上で、適切、かつ、効果的に運用することが出来れば、基本的にデメリットは気にならないと私は思っています。
この記事が、皆さまのホームページ運用の一助となれば幸いです。

それでは本日も良い一日をお過ごしください。

日常生活からSDGsに貢献!マイボトルを持とう!

こんにちは。

Itoop(アイティープ)の橋本です。

突然ですがみなさん、マイボトルって持っていますか?

持っていても使ってない、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

わたし自身も、先日のブログでSDGsのことを書いてから、いつも以上にマイボトルについて意識するようになりました。

そこで、マイボトル推進の取り組みについて、世の中にどのようなサービスがあるのかを調べてみることにしました。

・前回のブログ

https://itoop-blog.yuima-ru-tokyo.com/20210827-article/

世の中のサービス事例

色々な会社や団体がマイボトル推進のために

給水スポットを見つけられるアプリの開発や給水スポットとなっていました。

<サービス事例>

●一般社団法人Social Innovation Japan「mymizuアプリ」

mymizuアプリは、無料で給水スポットを探せるアプリで、給水スポットとなるお店や公共施設が登録されています。

給水スポットは、世界中で約20万箇所、日本国内だけでも9,000箇所に及びます。

https://www.mymizu.co/

●株式会社良品計画「自分で詰める水」

株式会社良品計画が展開する無印良品では、

各店舗に設置してある給水スポットで、誰でも無料で給水できるサービス「自分で詰める水」を行っています。

無印良品のマイボトルを購入していなくても、自身のマイボトルやタンブラーで利用可能です。https://www.muji.com/jp/ja/stories/food/520171

●象印マホービン株式会社「給茶スポット」

象印マホービン株式会社では、給茶スポットを展開。

購入したドリンクを、持参したマイボトルに入れてくれるサービスです。

店舗によっては、コーヒーなどのお茶以外のドリンクも入れてもらえます。

どの店舗が給茶スポットになっているかは、下記HPで調べることができます。

https://www.zojirushi.co.jp/cafe/spot/

●株式会社丸井グループ「Q-SUI(キュースイ)」

「Q-SUI」は、丸井グループが展開する水のサブスクリプションサービス。

月額550円(税込)で、対象店舗で浄水やフルーツウォーターを給水し放題になります。

また、給水の際に、どれくらいのペットボトルの削減に協力できているかを数字で見ることができます。

https://www.qsui.jp/

おわりに

今回調べてみて、色々な会社が取り組んでいることがわかり、普段から意識できることあるなと気づきました。

また、マイボトルを持つことでプラスチックフリーに繋がることもわかったので、調べたことを活かして毎日マイボトルを持とうと思います。

この記事をきっかけに一緒にSDGsのことを考えられたら嬉しいです。

飲むだけでSDGsに貢献!?エシカルなクラフトビール!

はじめに

こんにちは!

Itoop(アイティープ)技術担当の佐藤です!

最近、暑い日が続いていますね!

こんな時期は、ビールを飲みたくなりませんか?

今回は、普段とは打って変わって、僕が好きなクラフトビールについてお話します!

クラフトビールとは

皆さんは、クラフトビールの定義ってご存知ですか?

実は、非常に曖昧で、共通しているのは小規模な醸造所で作られているビールのことを指します。

つまり少数精鋭の職人方の、拘りが詰まったビールなんですね!

醸造所によって、味もまったく変わってくるので、自分の好きな味を探す楽しみがあります。

種類も様々なものがあります。

ピルスナー、ペールエール、IPAなどなど…

それぞれに特徴がありますが、今回は一風変わった、まさに現代のクラフトビールをご紹介します!

飲むだけでSDGsに貢献!?エシカルなビール

SDGsは、最近ニュースなどでよく耳にしますよね。

持続可能で、より良い世界を目指す国際目標です。

発展途上国のみならず、先進国も取り組むものであり、近年は日本でも積極的に取り組まれています。

そんなSDGsを支援するクラフトビールが、今増えてきています!

例えば、売上の一部を地域の環境保全団体などに寄付しているEskasun Beer

スーパーなどで廃棄されるパンを原料としたクラスト ピルスナー

コロナ禍で行き場をなくしたアンズやイチゴ、エゴマを原料としたビールを製造している上方ビールなど。

どれもとても美味しいビールばかりですので、みなさんも是非飲んでみてはいかがでしょうか?

おわりに

今回は、飲むだけでSDGsに貢献するクラフトビールを紹介しました!

世界が取り組む課題の支援にも繋がるとなると、ビールも一層おいしく感じられますよね。

この記事が、ビール好きな方、SDGsに興味がある方の参考になれば幸いです。

それではみなさん、今日も良い一日をお過ごしください。

【HP作成】Webデザインの基礎!【レイアウト編】

はじめに

こんにちは。Itoop(アイティープ)の佐藤です。

9月に入りましたがまだまだ暑い日が続きますね!僕はWebデザインの基礎を学ぶために「いちばんよくわかるWebデザインの基本きちんと入門」という本を読みました。

URL:https://www.sbcr.jp/product/4797389654/

現在WordPressについての記事を書いていますが、Webデザインの基礎についても勉強することが大事だなと感じることがたくさんありました。

今回はWebデザインの基礎である「レイアウト」について書いていきます!

※WordPressの記事についてはこちら:「【 WordPressとは? 超超超入門編 <第1弾>】IT業界3ヶ月目のエンジニアがWordPressについて調べてみた!

レイアウトとは

「レイアウト」とは、デザイン・編集・設計などにおいて「何を、どこに、どのように配置するか」ということを意味します。

大事なのは、いずれも感覚で文字や画像を配置するのではないということです。

関連するものを近くに配置したり、同じフォントや色を使用したり、特に重要な項目を差別化したり、ポイントをしっかり意識することで、見やすく美しいレイアウトを作ることに繋がります!

なぜ見やすいレイアウトを作る必要があるのか

見やすいレイアウトを作る理由は、ユーザーが欲しい情報を的確に伝えること。

サイトに訪れたユーザーに必要な情報を正しく伝えるためにも、的確なレイアウトを作ることはとても重要です。

上手にレイアウトすることで、サイトの信頼度が上がったり、ユーザーの心を動かして成約にいたったり、それぞれの目的に繋げることができます。

レイアウトの具体例

・よく見かけるWebサイトのレイアウト

ページ上部にヘッダーがありその下にメインコンテンツとサイドコンテンツ、そして最後にフッターがくる構成になっているそうです。※以下画像参照

ヘッダーにはサイト自身を象徴するロゴやナビゲーション、検索フォームなど。

メイン部分には文字通りサイトのメインとなるコンテンツ。そしてサイドにはメインコンテンツの補足。

フッターにはお知らせやコピーライト、アクセスマップ。

というのがよく見かけるWebサイトのレイアウトになります。

これは視線の動き(動線)を考慮した作りになっているからです。

たとえば、動線を考慮せずにサイドコンテンツがヘッダーの場所に配置されているようなレイアウトだとしたら、いきなりお知らせや関連情報などの表示を見ることになります。

お知らせやメインコンテンツの関連情報を最初に見ても、「何のサイトだろう?」と見る側を混乱させてしまう可能性があります。

だからこそ、初めてサイトに訪れたユーザーにもわかりやすいように、どう行動してどういう体験をしてもらうかを意識してレイアウトを作る必要があるんですね。

おわりに

「デザイン」と聞くとセンスが必要に思えたり、難しく見えるかもしれません。

しかし、ポイントを押さえてレイアウトするだけで誰でも良いWebサイトを作ることができます。

引き続きレイアウトについての記事を書いていきますので、Webデザインについて触れ始めた方々の参考になれば幸いです。

それでは本日も良い一日をお過ごしください。